2016年04月22日

あさごはんたべた?

10年ほど前、牧師になる学校の研修でミャンマーに行きました。

事前に旅行会話集を買い、「あいさつ」のページを見ると
ビルマ語のあいさつは「ミンガラーバ」
しかし、学校や公式な場で使う言葉であり、普段使いの言葉ではない。
とありました。

「どこ行くの?」「朝ごはん食べた?」「元気?」
相手を気遣う言葉が、普段使う「あいさつ」だそうです。

本来の「あいさつ」は
相手のことを思い気遣う言葉。

幼稚園でのごあいさつも、
「おはようございます」の後に
「朝ごはん食べた?」と聞いています。

「パン」
「わたしはおにぎり」
「ごはんと、おみそしると、…」
朝食のメニューを細かく伝えてくれるお友だちもいれば、

「なに食べたでしょうか?」
と、クイズ大会になる時もあります。
「らーめん?」
「ブーッ!」
「やきそば?」
「ブーッ!ヒント、ぱ」
「パンダ! えーっ!パンダ食べたん?」
みんなで笑って、結局こたえが分からないまま、お友だちのところに遊びに行きます。

新入園のえんちょうも、みんなと仲良くできるかな?
と毎日ワクワクドキドキしながら
お友だちとの「あいさつ」を楽しんでいます。
posted by 園長先生 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記